So-net無料ブログ作成
検索選択

いつまでも楽しく [テニスつれづれ]

土曜日はテニスオフを利用して、インドアのコートにいってきました。

ここは、なんと床がフローリングトップスピンは問題ないのですが、スライスが、まるで引き付けられたかのようにみよーーーんと伸びて来ます。(まじですってば、まじで)

この環境下の中、心掛けるといったらやはりとにかくボールの後ろに入ること。スライスがくると思ったら、しっかり腰をおとしてボールを押し出すように打って行かないと、あっというまに差し込まれてしまいます。

こうなるとしばらくはバックハンドのトップスピンは使えません。必然的にスライス気味のボールが多くなっていきました。

一緒にいた方は年配の方がほとんど。
皆さん、テニスを楽しんでプレイしていらっしゃるかたばかり
ですが、中には試合に燃える方も。

こうしてゲームははじまりました。
今回は誘ってくれた方が結構レベルの高い人なので、あまり手はぬけません。(というか、自分のほうが緊張してたし・・・)

中には構えが仁王立ちの人がいらっしゃいまして。。
なんだか気迫を感じます。こういう人には負けたくありませんねw どーんとポーチで取ってポイント

皆さん、さすがミスが少ないですね。
ただ緩いボールがチャンスボールで返ってくるので、前衛ではかなり楽にポイントをとりました。

一緒に参加したEさんですが、うち負けないところがすごいパワフルな方なのですが、相手からのバックからのパッシングを簡単に裁いてたのは驚きです。しかも片手はグリップ、もう片手はスロート。。。ってあれれ?

でも、パワフルなのに絶対うち負けないのには理由があります。それは、脱力がきちんとできている点。フォームは独得ですが、脱力がきちんとできてるから、体がすぐに反応する準備ができているのですね。。
参考になりました。

一回だけ、女性と組んで、ミックス対男子ダブルスで試合をしたところ、なんと勝ってしまいました。ポイントは雁行陣で徹底的に守りと攻撃を分けたところ。(私が前衛、女性の方が後衛でした)

お互いの得意なところがでると、うまく行くものですなぁ・・・
それがテニスの醍醐味のひとつかぁ。。。

結局、4ゲーム先取で7試合くらいやって、2つ以外は全部勝利。勝ち負けに少しだけこだわって、サーブはとことん攻めましたが、それがよかったようです。

今日は自分よりかなり年上の方と楽しんだテニスでしたが、主宰者の方はテニスを再開してから1年くらい続けているようで、成果が出なかったことを悔いていました。

まあ、負けが込んだときには誰しも考えてしまいますが、そんなに落ち込まずに、いつまでも楽しくテニスができたらいいですね。

最近は私もパワーテニス気味になっていますが、基本は一緒です。細く長くが続けばいいですよね。

いつでもみんながテニスを楽しめる時間や場所があればいいのに。こころからそう思いました。

さて、次はいよいよプチシングルス戦(生霊つき)について書いてみたいと思います。。
 










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。