So-net無料ブログ作成

コンチでフラット&スライスを打ってみる

あたしさんからのアドバイスをいただいて、早速、サークルのゲーム形式にてコンチネンタルグリップでのサーブに挑戦してみました。

結果は、とても打ちやすいということがわかりました。
イースタングリップのときは、内転が使えないために、パンチを効かせるようにするには体幹を使ってボールに威力を与えなければいけません。

でも、コンチネンタルで内転を使えるようになると、上半身だけで楽にサーブが打ててしまいます。
これに下半身の伸び上がる力をくわえるとさらによくなるのだろうな、ということが想像できました。

さらに、あたしさんもおっしゃっていましたが、体幹を捻るサーブを打つと、コースをついたサーブがうちにくくなる=コントロールが落ちる、ということ。
自分はだいぶ慣れてしまったのでそれほどコントロールが落ちるとは思っていなかったのですが、
疲れた時など、たまにパワーに任せて打ち込むともうどこにいくのかわからなくなってしまうことがありました。

とはいえ、体幹を使うことはそれ自体とてもいいこと。下半身の力と上半身の力、バランスをとってサーブをマスターしたいものです。

それから、フラットとスライスを打ち分ける場合、トスの場所で打ち分ける方法が一般的なようですが、これでは、相手に「スライスを打ちますよ~」というのを披露してしまいます。これをトスの前後で使い分けると、前=スライス、後ろ=フラットというように打ち分けることができます。

アンチッチは、同じフォームから3種類のサーブを打てるように工夫していると何かで見たことがありますが、もしかしたら、トスを前後させる裏テクニックを使っているのかもしれません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。