So-net無料ブログ作成

妖怪の園~その1~まずは小手調べ [テニスつれづれ]

そう、ここは都内某所。
工場や資材置き場、浄水場などがたちならぶコートの一角、「え?こんなところに?」ってところにコートが。そこには、キラーン★といわんばかりの鋭い目・・いえ、にこやかな目が私たちを優しく迎えてくれました。

「いいのよ~」それが合い言葉。
「覚えてらっしゃい」それが捨て台詞。
「奴、潰す・・」と心のなかで思っている(人もいるかも)

それがマダムの園。

一見クールな中に秘めたる闘争心ってのはよくありますが、こちらは「むき出したる闘争心」なのであります!怖いわぁw

ではついたことだし・・さて練習を・・ラリーでもしようかな?
「もう試合するわよ!!(ギラリ)」「は、はい・・・」

お昼ご飯をかっくらったのち、
即刻試合。最初は卑弥呼さんと組んで、バッハさん&ドナドナさんペアだったかな~。
最初だし、コワイし、ヘロヘロサーブをぽーんっと。すると・・・

「本気、だしていいのよ~(ニヤリ★)」

ええ~っ。本気なのに・・・これって新手のプレッシャ~!?
よ、よーし。

ゲームの序盤から甘いボールを何度かポーチして得点へ。
高いボールも処理しまくりました。もう、こうなりゃ本気だい。
へっへっへ。妖怪退治じゃぁ~~!!!

ペアの卑弥呼さんは、最近負傷されていたということで、はじめこそ調子が悪そうでしたが、
調子があがってくると、さすがお上手。丁寧にボールを処理されていました。前衛の嫌がるところを狙いながら徐々に前へ。相手のかたは「??」と思っている間にボールを決められていることがおおいのではないでしょうか。美貌の陰に隠れた闘志。妖怪大帝国のボス級です。要注意です。(笑)
それから、卑弥呼さんの特に上手なところは、無理に打ち込まないところなんです。つなぐところ、攻めるところの切り分けがはっきりできています。

対するドナドナさんは、純フラッターといわんばかりの鋭いボールの持ち主。
絶対にボールを浮かせないんです。それで鋭いダウンザラインが返ってくるものですから、なかなか相手は大変です。ボレーも的確、前にも詰める。
インスティンクトにしてからはあのパワーを押さえ込むのが大変らしいですが、きっといろいろな猛者どもを一網打尽にしてきた彼女のこと、きっとインスティンクトも手玉にとって~・・・あ、今アウトしたw

バッハさんがネットにたつと、彼女の血が騒ぐらしく、勝負よ!といわんばかりにパスをうちにいくドナさんを3回くらい見ました。

ドナドナさんのフォームはきれいです。両手バックは体を絞り込むようにシャープにラケットを振り出しています。ただ、インスティンクトをフラットで打つとさすがにオーバーしやすいので、ラケットヘッドを走らせて若干スピンをかけるようにすると、このラケットのいいところがでます。
なにしろこのラケット、打球感が最高で、本当にスピンをかけやすいラケットなのです。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。